二次ヲタ三次ヲタをふんわりとこじらせたブログ

SixTONES沼にずぶずぶなオタクです

赤を失った虹を見に行った9/1十五祭東京ドーム

号泣しました。

 

 

 

すばるくんが退所してから、関ジャニ∞関ジャニ∞じゃなくなった気がしていました。

最後に入ったライブは2016、それ以降はジュニア担をやっていたのもあって全然ライブに行っていませんでした。ただでさえ気まぐれでしか見ていなかったレギュラーを見るのも、あの日の関ジャムを最後にやめていました。

 

安田くんが病気になって、頭に傷が残って、踊れないまま音楽番組にでているのも、サングラスが手放せなくなったのも、悲しく辛くてもう全部が嫌でした。わたしの青春と人格を作った大好きなものがどんどん違う形になって、崩れていって、見ているとどうしても悲しくなって、耐えられませんでした。

6人で出演する音楽番組も、初めは全然受け入れられませんでした。今だから言えるけど、足りないと思いました。わたしは7人になってからの関ジャニ∞しか知らないですが、メンバーカラーの赤を失うことは私にとって、大きすぎました。

 

当時の彼らを見ているのが本当に辛かったです。ジュニア担で忙しかったのもあるけど、ずっと蓋をしていました。避けました。悲しくなるから。

それでもFCは更新しました。

そのおかげで十五祭に入ることができました。当たった。

 

感想書きます。

 

安田くんは変わらず安田くんでした。

わたしの好きだった彼でした。ギターも手話も、ファンにいっぱいありがとうを言ってくれるところもハモリが尋常じゃなくうまいところも、高音の時首を傾けて肩をすくめるのも、ちょっと小さいところも、日本語足りなくてやばい発言みたいになっちゃうのも、衣装の丈が半ズボン〜7分丈なのも、全部安田くんでした。わたしの大好きだった安田くんでした。

ビジュアルは驚いたけど、安田くんを見てると外見なんて関係ないよなぁ…中身が濃いなと思います。

 

 

オープニング映像はめちゃくちゃこだわってて、苦労がわかって、松竹座の1/1000にはなってあげられなかったけど、そのあとの1/nにはなってあげられたかなって思ったり、松竹座のブザーで開演する演出とっても好きです。

デビューしても2000規模のホール(今のストちゃんじゃん…)を47都道府県回ったり、しばらくCDが1位取れなかったり…、それがあっての今だなってすごく伝わりました。

 

一曲目の∞o'clockは2019バージョン?でした。ずっと音源でしか聞いてこなくて、初めてそれを聞いたのは8周年の味の素スタジアムでした。嬉しかったなぁ。あのときの感動を思い出した。15周年、そりゃ歌詞も変わるよね。

 

そのあとはがズッコケ、むしゃら行進曲、と続いてT.W.Lでしたね。懐かしいめちゃくちゃすきでした、まるちゃんを錦戸が抱きとめるやつ、歓声がすごかったですね、わかる…ほほえみ…いつも元気なりゅうへい…にこにこ…

 

この辺からね、わたしの涙腺が壊れます。

覚えてるんですよ、何年か聞いてなくても、すばるくんのパート、ここすばるくんのパートだって、耳が、覚えてる。でもいないの。安田くんが歌うの。

歌割変わるよね、わかってる。今まで関ジャニ∞が7人で出してきた曲、全部変わるんだよ。desireだってもうこれからは1人なんだよ。フリだって立ち位置だって全部。何回も見て聞いたものが変わるんだってちゃんと目前にして、避けないで見たのはドームが初めてでした。

泣けて仕方なかった。悲しいのかなんなのか全然わからない。6人になったという事実にただ泣いてました。

安田くん上手だから、すばるくんみたいに歌うの。癖とか。わたしの勘違いかもしれないけど、気をつけて聞かないとナチュラルすぎる。だってメンバーだもんね、わたしよりすばるくんの歌聴いてるよね。それがなくなることの重みは私たちよりも重かったはず。それでもすばるくんへのリスペクトをちゃんと表現してくれるそんな安田くんがすごく好きで、全部無理になって、君に向かい歌ってるんだぜ?でもう涙が止まらなくなりました。そこにいるのはわたしがずっと好きだった関ジャニ∞でした。

 

御めかし、エイトッポップでメンタル持ち直して、topop踊れるんですよ、身体が覚えてて恐ろしいね。あのPVビジュアルちょっと苦手だったなぁ〜ポスターのビジュは良すぎて好きだった。

 

気づいたらブリュレ。号泣。

ブリュレはわたしが関ジャニ∞に出会った曲なんですよ。思い出の一曲。puzzleに入ってて、その頃にはツアー終わってたからDVD買ってめちゃくちゃ見て、フリも好きで。

ブリュレで歓声じゃなくてまさか泣く日が来るとは思わなかったけど、止まらない。ブリュレで泣いてるやつ私くらいでしょ、恥ずかしかったなぁ。

大サビですばるくんがマイク投げて持ち替えるシーン超好きだったな。センステめちゃくちゃ遠かったけど、踊ってたなぁ。ブリュレ生で見れてよかったなあ。

 

からの1秒KISS。

大好きなの、DVDでこれもめちゃくちゃみたの、あのフリをどうしてわたしは現場でやってないのって死ぬほど後悔したアルバム曲。とうとう一緒に踊れました。10年ぶりの雪辱を晴らせました。ありがとう。

フリが可愛いの、当たり前に踊った、踊れた。涙が止まらなくて気づいたら顔中ぐしゃぐしゃで鼻血まで出て熱中症じゃん?!?つって、血だらけで踊ったよね。

この曲の安田君のハモリ大好きなの、当日聴いてたCDプレイヤー、イヤホンを半分くらい接続甘く刺すとハモリだけ聞こえるカラオケバージョンになるって発見して、死ぬほど聴いたの。ガキだったな、これ安田くんの声かな〜とか無駄に夜更かししてさ。テスト勉強のお供だった。

 

あとRAGE、正直これはピンときてない。その後のアイスクリームも知らなかった。錦戸と安田くんが大きなアイスクリーム持って歌ってて、遠くから見ると食べてるように見えるし、お互いが食べさせあってるようにも見えるし、素直に感心しました。考えた人天才だ〜。

 

あと二人の花とはにかみ。懐かしすぎる。当時現場で聞いたかな?、思い出せない。イントロ流れてタイトルが思い出せないけど歌える!歌えるぞ!って石版見たムスカみたいになって、私やっぱり関ジャニ∞と生きてきたんだよなってまた泣いた。

 

そのあとItoU、これ2017年のクリスマスの音楽番組でやってくれたよね。見てた。あの時もテレビ見ながら興奮したけど今回も最高だった。イントロで泣ける。

これもさ、すばるくんパート本当にやさしくて好きだった。関ジャニ∞は素直な片思いの曲が似合う。関ジャニ∞の強み、代名詞、「もう二度と戻れない日々もう二度と戻ることのない日々」なんて今聞いたら涙腺壊れるって。

 

数曲はさんで蒼写真、イントロからまた、もうね。昔のツアーの時大スクリーンの映像綺麗だったよね、シングルのB面だったよね。LIFE?買ったなぁ。ピックの形のシールが付いてきたよね特典で。

あと全然関係ないけどあおっぱなの通常盤初回特典にさ、メンバーの小さい頃写真をまとめたアルバムついてたよね。あおっぱなアルバムみたいな感じで、買ったなあ。近所のCD屋で、高校の帰り道だった。だめだ、書いてて涙が出る。関ジャニ∞を思い出すことは私の過去に直結しすぎている。本当に魂の一部。

 

着替えと数曲はさんで、二人の涙雨。やばすぎ、たしかはじめての京セラカウコンでも歌ってたよね、あの映像でもフリできてる人少なかったな。今回席よかったからか、歴長いファンが周りにたくさんいらっしゃってみんな当たり前に古い曲のフリ踊るもんだから嬉しくて嬉しくて。

大阪ロマネスクも。大好き。すごはちでの演出まだ覚えてる。あの時京セラにいた人、何人が今回一緒にエイトみれたかな。突然暗くなってイントロ始まってさ。すごくよかったよね。ばちばちに踊れるよ。すばるくんの歌い出し美しかったよね。

 

Crystal知らなかったけどすごい好きだなーとか思ってたらローリングコースター。

文字見ただけで潤む。あの少年倶楽部の映像すごく好きだった。ブリュレで関ジャニ∞に出会って、その後見せられて完全に私を落とした最高の一曲。大好き。思い出。あの時から座右の銘を「気がすむまで食べる」に変更した軽率なヲタクの一人ですよね、はい。

当時バンドする若手のグループなんていなかった頃にみんなで円になってさ、にこにこしてさ、ちょっと下手くそなところもあってさ。全然楽しそうじゃない横山くんとかさ。安田くんはチェシャ猫みたいな衣装でとんでもなかったなとか、すばるくんと錦戸の始まり方とか、みんなの衣装まで思い出せる。大好きだった。当時現場で聞けた時も嬉しかった。信五に合わせて手振ったよね。

また東京ドームで聞けた。

大好きだ。それが何人でも。

だってローリングコースターだもん。この曲で始めてわたしはすばるくんがいないことを受け止められた。

私が気がすむまで食べるには胃がついてこれない年齢になっちゃった分だけ、エイトにはエイトの積み重ねてきたものがあって。それは人が変わろうと消えなくて、今だってその延長線上。

私の好きだったものは変わらない、変わってるけど、変わらない。関ジャニ∞の空気感とか退社とかそういうの含めて全部が今の関ジャニ∞で、それはやっぱり関ジャニ∞なんだよ。やっと本当に全部受け入れられました。長かったけど、足りないと思わなくなった。関ジャニ∞を見てても辛いと思わなくなった。

 

十五祭楽しい。好きだ。ありがとう。関ジャニ∞でいることを諦めないでくれて本当に嬉しい。来てくれてありがとうって伝えてくれて、また遊ぼうねって言ってくれて、明日から辛いことがあってもまた来てねって横山くんが言うの、当時はぼんやりしかわからなかったけど、今はなんだかよくわかるよ。

ずっと私の前にいてくれて、見ようと思えばすぐ見れるところにいてくれて、輝き続けてくれて、本当にありがとう。昔の曲を大切にしてくれて、久しぶりのファンでも楽しめるようにしてくれて、本当にありがとう。

 

ロリコスの次はtokyoholic

これ嫌いなヲタクいないでしょ、これをデビュー10何年で出してくる関ジャニ∞マジ好きって思ったもん。この曲の歌詞も雰囲気も、関ジャニ∞だから歌えるし合うし怒鳴る錦戸が最高なんだよ。拳あげながらTokyo!って騒がせてもらいました。

 

そしてアンコール前最後の曲はLIFE〜目の前の向こうへ〜

初めてちゃんとバンドスタイルで出させてもらったシングル。こらを出すまでに何年もかかって、初めてやりたいことに近づけて、Mステに楽器持って出演してさ。めちゃくちゃ緊張したよねあのときのMステ。安田くんの擦り切れたピンクのギター覚えてる。ファンには見慣れたバンド立ち位置で、バッチリ生歌で。その分不安もあって。ただ画面を見てるだけの1ファンをあんなに緊張させるなんて、罪なやつらだよね本当に。

あの時も好きだったけど、今の安定したLIFEも好き。はじめの高音をちゃんと出せちゃう安田くん最高だよ。ただ目の前にあるものが手に入らなくて、頑張って、追い越して、ただ夢中で。本当にさ、こんなの今聞かせるんじゃないよ涙腺が壊れちゃうよ。

 

アンコールはシングルパレードでした。ゆっくり外周をトロッコ出回って、メインモニターにはPVが。すばるくんの映像のときすばるくんの声に聞こえる気がするのは、だってそれがみんなが守ってきた関ジャニ∞だからだよね。

 

本当にいい公演でした。本当に良かった。人生のうち今まで入った現場で の中でダントツで良かった、これ以上ないくらい良かった。これで卒業してもいいなって思えるくらいのセトリだった。

 

と思ってたら錦戸が脱退を発表して。やっぱりか、と思わなくはないけど最後まで彼の関ジャニ∞としての姿を見られて幸せだったなと思ったよ。

 

あのタイミングまで発表を待ってくれてよかった。そうじゃなかったら6人すら受け入れられてないと思う。発表を聞いても、6人でも関ジャニ∞なんだから5人でも関ジャニ∞だって思えてる。大丈夫。悲しみもあるけど、それ以上に前向きな気持ちがある。

 

これからどれだけエイトを追えるかわからないけど、また会いに行きます。関ジャニ∞が大好きです。ありがとう。

 

十五周年おめでとうございます。